スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

講談社HBR 「ビタミンCの大量服用で血圧が下がる可能性!」

がんに対してビタミンCの大量服用が効果的との記事を見ますが、高血圧に対しての効果に関する記事を見つけました。
今回の記事では、被検者に1日500mgなので、通常の摂取量の範囲です。

転載----------------------------------------------------------

講談社HBR「ビタミンCの大量服用で血圧が下がる可能性!」
http://www.hbrweb.jp/news/2474

米国・メリーランド州ボルティモア市ジョンズ・ホプキンス大学のEdgar R. Miller III博士らがAmerican Journal of Clinical Nutrition 2012年4月4日オンライン版に発表した研究で、大量のビタミンCを摂取することで、血圧が高血圧治療薬ほどではないけれども、低下することが明らかになりました。

知られているとおり高血圧症は、脳卒中や心疾患への極めて高いリスク要因であり、我が国でも中高年の多くの人が、高血圧治療薬を服用しています。これまでにもビタミンCの効能として、血圧を低下させる作用があることを示唆する研究が、発表されたこともありましたが、矛盾する研究結果もあり、血圧に対するビタミンCの明確な効果は立証されてはいませんでした。

そうしたことから博士らは、これまでに発表された29の臨床治験研究を分析しビタミンC摂取と血圧の関係を分析しました。分析対象となった治験では平均して毎日500mgを平均して8週間の期間服用しており、被験者の血圧は服用前に比べて全体平均で収縮期血圧が3.84mmHg低下、高血圧症と診断された被験者では4.85mmHg低下していました。

博士らによると一般的な高血圧治療薬のACE阻害薬や利尿薬の場合は10mmHg程度低下することが期待されていることに比べて、約半分の効果があるということです。

米国ではビタミンCは1日90mgが推奨摂取量とされており、500mgは5.5倍に当たる大量服用になりますが、この研究結果の穏やかな低下効果であるmmHg程度でも、成人全体がこれだけ平均して血圧が低下すれば、かなりの脳卒中が予防できるはずだとしています。しかし、どのような生理学的なプロセスによってビタミンCによる血圧低下が生じるのかについては、さらに研究が必要であり、長期間の効果についても、今後の研究課題であるとし、この結果のみで高血圧治療薬の服用から、ビタミンC の大量服用に、いきなり切り替えたりはしないようにと注意を促してもいます。

医療ジャーナリスト 宇山恵子
American Journal of Clinical Nutrition 2012年4月4日オンライン版

転載ここまで--------------------------------------------------


安価で入手容易なサプリメントの効果が見直されていると感じます。


スポンサーサイト
2012-11-01 : ニュース :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

saitamalabo

Author:saitamalabo
詳しくはホームページをご覧ください。
http://saitamalabo.jimdo.com/

さいたまラボ on twitter

さいたまラボ on facebook

検索フォーム

QRコード

QR

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。