スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

さいたまラボのデトックス・栄養療法「身体に残存していた水銀を排出した事例」

さいたまラボでは栄養素によるデトックス・栄養療法を提供しています。

実際にデトックス体験をしていただくと、身体の中の有害物質の排出に伴う不快な反応がでることがあります。
今回は実際にあった「水銀の排出による反応」についてです。

初めてデトックスの体験をされる方には必ず「有害物質の排出による反応がでることがある」ことを事前に説明させていただいております。

その方にもその事を予め説明し、過去に飲んだ薬などを教えていただいていました。
出るかもしれない反応をお互いに確認しあってからデトックスを始めました。

栄養素(サプリメント)を飲んでしばらくすると首から下に広い範囲で湿疹がでてきました。
その方が「これは以前、水銀中毒になった時の症状だ!」と言いました。

その方は7年ほど前に熱が出た時に体温を測ろうと水銀の体温計を取り出したときに、体温計にヒビが入っていたためにそれを吸い込んで体中に湿疹が出たとのことでした。

これは体内に残存していた水銀が、排毒過程で血中に放出されたために出た反応だと考えました。

デトックス体験で出たその反応は1時間程度で収まりました。


後日連絡をいただきました。

水銀中毒の反応が少し不安なのでサプリメントは飲まずにいます。
ところで、さいたまラボでデトックス体験をした時に履いていたスカートを何日ぶりかで履いたら(その時までは洗濯していなし)、膝に水銀中毒みたいな反応がでました。これはどういうことでしょうか?」



お返事しました。

「おそらく、蒸気(汗)と一緒に排出された微量の水銀がスカートに付着して、その部分が反応したかもしれません。」


数日するとその方から連絡がきました。
「洗濯した後にあのスカートを履いたら、湿疹はでませんでした。」


この方の湿疹は水銀の排出にともなって起きたものと考えています。

有害物質の排出に伴う不快な反応がある時は、個別にデトックス・サプリメントの摂取方法などをご相談させていただきながらご指導しています。

水銀だけでなくこのような有害物質の排出は、デトックス・サプリメント摂取1回目から起こることもあります。
適切な摂取量・摂取方法なら比較的短期間で排泄が終わることもあります。



その他の金属や有害物質の排泄の例もありますので、またブログ等でご報告させていただきます。


日本一の「デトックス職人」薬剤師・藤井努でした^^


↓デトックス・栄養療法のご相談はこちらから。
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html



スポンサーサイト
2013-06-22 : デトックス・栄養療法体験談 :

さいたまラボのデトックス・栄養療法「歯茎のお話」

さいたまラボでは様々な不調に対して栄養療法的なアプローチを提供しています。
特に気になる不調のない方にも、「より質の高い健康」「アンチエイジング」「美容」を志向したご指導をしています。

さて、最近お寄せいただく体感に「歯茎」についてのものがあります。

1.子供のころから黒ずんでいた歯茎がキレイなピンク色になった(男性・39歳)。

2.奥歯の歯茎が腫れて痛みがあり強く噛めなかったが、腫れ痛みがなくなり強く噛めるようになり歯茎がしっかりした感じ(男性・47歳)。

3.歯茎に腫れ痛みがあり歯医者さんで歯槽膿漏と診断された。腫れ痛みがなくなり冷たいものを飲んでも歯がしみなくなった(男性・46歳)。)

特に男性では加齢とともに歯茎が弱くなる方が多いですが、不足している栄養素を補うことである程度の改善を期待することができるようです。

ということは、偏った食事は口腔環境にもよくない影響を及ばすということです。

「冷たいものを飲むと歯がしみるようになった」などは普段の食事を見直されることをおすすめします。

さいたまラボの栄養療法では、栄養サプリメントが1週間分1,400円~で始められます。
ご相談には薬剤師が対応いたします。
お気軽にご相談ください。

デトックス・栄養療法は必ず事前にご予約ください。
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html

2013-06-20 : デトックス・栄養療法体験談 :

さいたまラボのデトックス・栄養療法「お酒の量が減る」

デトックスをしていると、いろいろな改善があります。
興味深い反応がいくつかあります。

その中の一つに「お酒の量が減る」というのがあります。
これは私自身の体感もありますが、お酒の好きな男性数名でそのような体感がありました。
お話を聞いてみると、私の体感と同じでした。

デトックスを続けていると、「お酒の味が変わる」、「アルコールの匂いが鼻につく」、「少し飲むともういいかという気分になる」などです。

飲めなくなる訳でなく、「それほど必要でなくなる」という感じです。

味が変わるというのは、舌が敏感になったと解釈できますが、少し飲んだ後に「もういいか」という感じになるのはなぜでしょう?
なにか「依存」が減る感じがします。

実際に「甘いものを食べる量が減った」、「お腹が一杯になるので、だらだら食事しなくなった」などの体感も多くあります。

この「依存」の減少は、体内に残存する糖質・糖化物質の影響によるホルモンのアンバランスが影響しているのではないかと考えています。

デトックスをすると頭がすっきりとクリアーになるのも同じ理由かもしれません。

2013-06-08 : デトックス・栄養療法体験談 :

さいたまラボのデトックス・栄養療法「過去に身体に溶け込んだ有害物質」

いろいろな方にデトックスを体験してもらうと、過去に吸収して体内に残存した有害物質(有害金属・有機溶剤・医薬品など)の解毒過程での血中への放出を経験することがあります。
デトックスにより起きる不快な反応は、同様の反応が過去のどのような時に起きたかで原因物質を特定できます。
そのような時はその原因物質が排出されている過程であると考えます。
そのような場合はデトックスの強度を調節する必要があります。

また、血中濃度のコントロールがシビアな薬剤を服用中の方には積極的なデトックスは控えたほうがいい場合があります。
身体に溶け込んでいる薬剤の放出を予想する必要があります。

そのような場合は薬剤の血中濃度に影響を与えないデトックスの手法から始めます。


日本一の「デトックス職人」薬剤師・藤井努でした^^



デトックス療法・栄養療法については、お気軽にご相談ください。
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html
2013-06-02 : デトックス・栄養療法体験談 :
ホーム

プロフィール

saitamalabo

Author:saitamalabo
詳しくはホームページをご覧ください。
http://saitamalabo.jimdo.com/

さいたまラボ on twitter

さいたまラボ on facebook

検索フォーム

QRコード

QR

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。