スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

「糖分(砂糖)のお話」

「糖分(砂糖)のお話」

吸収・分解の速い糖分(砂糖)を摂りすぎると、血糖値、インスリン、アドレナリンの乱高下が起こります。
このようなことが、「イライラ」「気分の落ち込み」などの精神の不安定の原因とする意見があります。

実際に「お菓子や清涼飲料水を控えたら、子供の自閉症が治った」という事例もあります。


また糖質の分解には多くのビタミン・ミネラル類を消費します。
糖分の摂りすぎから起こる「低血糖状態」「ビタミン・ミネラル不足」、これらが原因となっていろいろな体調不良が起こるとも言われています。

私達が考えているよりも、糖分の摂りすぎは多くの病気と言われるものの原因になっているかもしれません。


<できることから少しずつ>

お菓子・清涼飲料水を控える。

和食をこころがける

お味噌汁を摂る

外食をなるべく控える(外食の食品では体に必要なビタミン・ミネラルがほとんど含まれない)




<参考>
食事でかかる新型栄養失調 [ 小若順一 ]』
内容紹介
「栄養失調」というと、はるか昔の話か、遠い外国のことかと思われるかもしれませんが、じつは日本人の多くも現在、「栄養失調」の危機に直面しています。
厚生労働省が発表する「食事バランスガイド」に照らし合わせると、十分な栄養が摂れているはずなのに、じつは大きく不足している栄養素(ミネラル)があり、続けると心身に不調をきたす食生活。
それが現代日本を覆う“新型栄養失調”です。

「食品と暮らしの安全」は、コンビニ弁当、マクドナルド、100円寿司、CoCo壱番屋、サイゼリヤ、ガストなど、数々の人気食品のミネラル実測値を検証(18~77ページにカラーで掲載)。
その結果いくつかの食品は1~2歳児基準以下のカルシウムしか含んでいないなど、驚くべき実態を明らかにしました。

本書は、日本人の食の実態に迫る大スクープの内容になっています!



【送料無料】食事でかかる新型栄養失調 [ 小若順一 ]


スポンサーサイト
2013-04-29 : おすすめ :

デトックス体験講座(5月9日)のお知らせ

<デトックス体験講座(25/05/09)>

知らず知らずのうちに取り込んでしまっている有害物質、ご家庭で出来るデトックスをご紹介します。
当日はデトックスに使うサプリメントをお試しいただけます。

なぜデトックスが必要か?どのように有害物質は排泄されるか?
有害物質が体に与える影響は?あの病気も有害物質が原因だった?

場所:さいたまラボ(埼玉県さいたま市浦和区高砂4-3-19) アクセスマップ
日時:平成25年5月9日(木) 10時~12時
参加費:500円(試飲サプリ代含む)
定員:8人

※現在病医院からのお薬を服用中の方はあらかじめお知らせください。

お申し込みはこちらのフォーム→申し込みフォーム
またはこちらからメール、お電話でお申し込みください→お問い合わせ

お車でお越しの方は近隣の有料駐車場をご利用ください。

2013-04-27 : お知らせ :

<おすすめ本>「心の病に薬はいらない!」


【送料無料】心の病に薬はいらない! [ 内海聡 ]


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
精神医学とは癒やしたり、よくしたり、解決したり、頼りにできるような存在ではいっさいないのです。心の病の薬を上手に抜く方法。薬をやめたい、なのにやめられない人、医者からやめさせてもらえない人、薬に苦しんでいる、あなたの大切な人のために…必読。

【目次】(「BOOK」データベースより)
向精神薬を抜くうえで最も重要なこと/精神医学の背景や思惑について/数字で見る精神医学の実情/向精神薬とはいったい何なのか/向精神薬で救われる人はいるか/当事者(患者)としての考え方/当事者家族や当事者に近い人間としての考え方/それぞれの薬の問題点/向精神薬を減量するときと一気にやめることの問題点/具体的な減薬・断薬法のケース/禁断症状を緩和するための具体的方法/精神科から卒業するための方法


2013-04-27 : おすすめ :

デトックス・栄養療法体験談「めまい・頭痛・肩こり」

2011年9月ころから、めまい・頭痛のあった当時8歳の男の子。
2012年6月からビタミンCのメガドースを始める。
すぐに症状が緩和した。

2013年2月から栄養療法を始めたところ、激しい肩こりはかなり緩和し、足の裏のつりがなくなった。

現在も維持用量でサプリを摂取中。


ご相談はこちら
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html

2013-04-27 : デトックス・栄養療法体験談 :

デトックス・栄養療法体験談「高血圧症」

2012年の春に会社の健康診断で高血圧(bp.135/95)と言われてから降圧剤(ブロプレス8mg)を服用していた40代女性。

2013年2月からさいたまラボで栄養療法を始める。

開始2週間後、血圧が低い日が続いたためブロプレスを4mgに減量。
しばらく正常血圧が続いた後に、再び血圧が低い日が続いた。

ブロプレス4mgをカットしたが、1週間後に血圧が高めの日が続いたので、ブロプレス2mgを服用再開。
数日で正常値になった。

サプリメントを見直し、その1週間後に血圧が低い日が続いたので、ブロプレス2mgをカット。

その後約2週間、血圧は正常値。

この方のその他の体感は、「たまにあっためまいがなくなった」「首がよく回るようになった(可動域が広くなった)」「今まで意識していなかったが、腰の硬さがなくなった」「便通がよくなった」「生理通がすごく軽くなった」

現在も栄養摂取継続中。


※病医院からの薬を服用中の方は必ず主治医の承諾を受けてください。


ご相談はこちら
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html

2013-04-24 : デトックス・栄養療法体験談 :

デトックス・栄養療法体験談「子宮内膜症」

2012年春に子宮内膜症の診断をうけた40台女性。
その時からディナゲストを服用していたが、不正出血や気分の落ち込みなどに悩んでいた。

2013年1月よりさいたまラボで栄養療法を始める。

栄養療法始めてから、それまで生理のたびにあった気分の落ち込みはなくなった。
また不正出血もなくなった。

去年春からの4ヶ月ごとの検診で今までは炎症部位の縮小はなかったが、今年4月の検診では炎症が今までの4cmから2cmに小さくなっていた。

この方の他の体感として、「肌がきれいになって、いつも行っているエステで何か特別なことしているんですか?と言われた」

現在も栄養療法継続中。


※病医院からの薬を服用中の方は必ず主治医の承諾を受けてください。


ご相談はこちら
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html

2013-04-24 : デトックス・栄養療法体験談 :

デトックス・栄養療法体験談「股関節手術後の機能改善」

2011年6月に特発性大腿骨頭壊死のため、両股関節全置換手術を受けた40台男性。
置換手術は成功したが、術後の右大腿と腰の筋肉の機能の回復が遅かったため(こわばりや硬さ)、2012年12月からさいたまラボにて栄養療法を始める。

開始1ヶ月で腰の稼動がよくなる。
その約1ヵ月後、動きのよくなかった右股関節の可動域が明らかに広がる。
その結果、以前に比べ格段に歩行が自然に楽になった。

歩くのが楽しくてつい歩きすぎてしまうとのこと。

その他のこの方の体感は、「呼吸が楽になった」「イライラすることが減った」「肌がきれいになった」など。

現在も栄養摂取中。


ご相談はこちら
http://saitamalabo.web.fc2.com/kenkou.html

2013-04-24 : デトックス・栄養療法体験談 :

「原始人食」が病気を治す~ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう




【送料無料】「原始人食」が病気を治す [ 崎谷博征 ]


内容紹介:
 糖質制限食、カロリー制限食、玄米菜食など、健康によいといわれる食事法はたくさんある。しかし、これら数多くの食事法を貫く食品や法則はない。ある食事法ではよいとされた食品が、ほかの食事法では健康に悪い物として批判の対象になっている。私たちは、一体何を食べればいいのか?


 260万年に及ぶ人類の歴史で、食事内容に大異変が起こったのはわずか1万年前にすぎない。狩猟・採集型社会が、農耕・牧畜型社会に移行したのだ。長大な人類史から考えれば、それは「昨日」といって差し支えない時間だろう。
 ヒトを含むすべての生物は、それぞれどのような栄養素を摂取すべきかが遺伝的に決定されている。たとえば、草食動物が遺伝的に適応できない肉を食べ続けたならば、死期を早めることだろう。場合によっては、種が絶滅することさえ考えられる。ここで考えてほしい。「昨日」から摂り始めた食事のことを。現代食は、果たしてヒトの遺伝子に適応するだけの時間を経ているのだろうか?現代食こそが、多くの病気を生み出す原因だったとしたら?
 本書では、医学界の常識をくつがえす究極の食事「原始人食」を気鋭の医師が初公開する。著者自身も、「原始人食」によって、2週間で5キロやせて健康になった。また、著者の指導によって、やせて健康になることはもちろん、高血圧や糖尿病、アトピー、リウマチ、認知症など、多くの病気で改善例が続出している。
2013-04-20 : おすすめ :

さいたまラボ 測定結果「たけのこ 茨城県産」

たけのこ 茨城県産(非流通品)

Cs-134 21.0Bq/kg、Cs-137 40.5Bq/kg
(検出下限 Cs-134 3.20Bq/kg、Cs-137 3.32Bq/kg)

AT1320A 3,600秒 595g

2013-04-19 : 測定結果(野菜・果物) :

サプリメント販売のお知らせ

さいたまラボでは来月の5月中旬に「Super Multi Vitamin & Minerals」(仮称)の販売を予定しています。

<主な成分>
ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレン、カリウム、ルテイン、リコピン、イノシトール、アップルペクチン等

高品質・高含量のメディカルグレードサプリメント(製造:日本ダグラスラボラトリーズ)です。

2013-04-19 : お知らせ :
ホーム

プロフィール

saitamalabo

Author:saitamalabo
詳しくはホームページをご覧ください。
http://saitamalabo.jimdo.com/

さいたまラボ on twitter

さいたまラボ on facebook

検索フォーム

QRコード

QR

アクセス解析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。